2019年10月3日 定期修理3船陸揚げ

新しい船台が二つ納品され早速陸揚げで使用。
今回の修理は、カワセミ、ドリーン、ミヤコドリ(船底塗装のみ)
クレーンでカワセミを吊り上げ、特殊な船底の塗装をするために
船を裏返します。船頭たちで船をひっくり返します。
傷がつかないようにタイヤで保護。
裏返したら船底の汚れを綺麗にしますが、日ごろの手入れの良さで
比較的綺麗な状態でした。次に工房へ入れて船底の塗装がかかる部分の
銅板をはがします。
もう一隻のドリーンも裏返して船底を綺麗にしたら防水シートをかけて
工房の外に保管。ミヤコドリは、クレーンで吊り上げたまま汚れを
落とし、乾燥させてから通常の船底塗装を施す。
塗料が乾いたら進水。係留場所で保存。


新しい船台が到着
船を下ろして裏返す準備
船を吊り上げます
ゆっくりと着地
船を裏返して船底を掃除
ミヤコドリの船底塗装
カワセミの銅板を剥がして塗装の準備
マスキング用に薄い板を張る
塗装が済んだミヤコドリを吊り上げています
ミヤコドリ着水